屋根工事 で失敗しないために、自分でチェック。

「屋根」は、住まいの中で最も雨風にさらされ、傷んでくると様々な障害が出ます。定期的な点検やリフォームが必要になりますが様々な不安もあると思います。そこで、 屋根工事 に失敗しないために「自分でチェック」してみましょう。

屋根工事

屋根工事 で失敗しないために

「屋根」は、住まいの中で最も雨風にさらされる場所です。この屋根が傷んでくると住まいに様々な障害が出ます。そうならないために定期的な点検やリフォームが必要になってくるのですが、「不必要に費用がかかってしまうのでは?」「話を聞いたら頼まないといけなくなってしまうのでは?」といった不安もあるかと思います。そこで、本ページでは 屋根工事 に失敗しないために「自分でチェック」するという主旨で解説したいと思います。


我が家の屋根は次のうちどれでしょう?

IMG_0729
【長所】
  • 軽量なので家屋にかかる負担が少ない
  • 葺き替えする際の費用が安価
【短所】
  • 立地条件にもよりますが塩害地域は錆びて傷みやすい
  • 雨の音が伝わりやすい
kawara
【長所】
  • 火災時に燃えにくい
  • 日本風の家屋として見栄えがよい
【短所】
  • 重量があり建物に負担がかかる
  • 地震の時の負担が大きい
image12
【長所】
  • 瓦屋根よりも軽量なので負担がかからない
  • メンテナンス費用が安価
【短所】
  • 表面に苔や壁が生えやすく経年変化により割れやすい


自分でチェックしてみましょう

totan
  1. トタン屋根の表面が錆びてきている
  2. トタンの重なっている箇所が浮いてきている
  3. 止めている釘が錆びて抜けてしまっている
  4. 塩害地域に住んでいる
kawara
  1. 破損した瓦が庭等に落ちていないか
  2. 台風や強い風で瓦が浮いていないか
  3. 瓦止め(漆喰)屋根の上に剥がれて落ちていないか
  4. 瓦止め(漆喰)が庭に落ちていないか
sreto
  1. スレート屋根本体に苔が生えていないか
  2. 破損した屋根が落ちている
  3. 屋根を保護している板金が錆びてきた
  4. 屋根表面が建てた時と比べ色が変色してきた


もしかして雨漏り?まずは自分でチェック!

まずはご自身で雨漏り診断をしてみましょう!
雨漏りする個所ですが、屋根からの雨漏りだけではなく、外壁からであったり、サッシや窓台の結露等もあります。
本来であれば、屋根からの雨漏りの場合は屋根裏や天袋から実際の場所を点検する必要があります。
しかし、ご自身でやるには大変な作業ですし、業者に依頼すると費用がかかったりと不安要素が大きいと思います。
そこで、雨漏り診断を簡易的にできる方法をお教えします。
その方法は、「目視の確認」、「においの確認」、「音の確認」の3点です。
rf10306353_peshkova110800115
  1. 天井やクロスがめくれたり、はがれている個所がある
  2. 天井や壁にシミやカビがある
  3. 壁の広範囲が黒っぽく変色している
  4. サッシや窓台に水滴が溜まる
  5. 家で白蟻を見たことがある
af9980018848o
  1. カビ臭いところがある
  2. 木が腐ったような臭いのところがある
af9920056123o
  1. ギシギシと軋む音がする(屋根や天井から聞こえる)
  2. 雨が降ると変な音がする(2階の方からポタポタ水が滴る音が聞こえる)
いかがでしたか?
雨漏りを放置してしまうと、工事費用が大きくかさんでしまいます。
家族全員で雨漏りのチェックができるようになれば、早期発見が可能になりますので是非やってみてください。
また、ご紹介した方法はあくまでも簡易的なチェックですので、全ての項目に問題ないからといって実際に雨漏りがないとは言い切れない点だけご了承ください。
金属屋根の場合は水がしみこまないため、毛細管現象(細かい隙間から水を吸い上げる現象で木造の建物であれば屋根の下地材、屋根本体、雨のあたらないところでも水を吸い上げてしまう現象)が起こりにくいと言われています。
金属屋根の詳細については、一般社団法人日本金属屋根協会のページをご覧ください。


屋根はどうして傷むのか?

まず、初めに屋根の寿命について考えてみましょう。
大きく分けて以下の2つの要素が屋根の寿命に関わっています。
  • ①本体
  • ②塗装・補修
1つ目の本体は、屋根本体の寿命を指します。
材質によって寿命は異なるのですが、適切な管理が行われた上で
  • スレート・カラーベスト:20年程度
  • ガルバニウム鋼板:30年程度
  • 瓦屋根:40年程度
期間を目安として使用することができます。
ただし、立地条件等で大きく変わってきますので注意が必要です。
例えば、瓦屋根は長く持つ特徴がある一方で、重さから躯体を痛める可能性がある他、地震によってズレてしまうなどメンテナンスが必要になります。

2つ目の塗装・補修は、屋根本体の寿命を全うさせるための保護・補修です。
屋根本体にダメージを与えないために保護や補修を行う目安としてはどの屋根でも10年程度になります。
スレートやガルバニウム鋼板の場合は塗装を行うことにより、保護膜を生成し、屋根本体を保護する必要があります。
瓦の場合には瓦の間に詰めてある漆喰を補修する必要があります。
適切な管理を行えば長い期間使用することができます。
反対に管理を怠ると、屋根の交換や建て替えといった大きな費用が発生する工事が必要になってしまうケースもあります。
長く住みたいのであれば適切な管理が必要となりますし、引っ越しや建て替えを予定している場合は行わない方がよいケースもあります。
ご自身のニーズを整理して、適切な管理方針を選択しましょう。

屋根を痛める原因のうち主なものは以下になります。
  • 強風・豪雨・台風
  • 直射日光
  • 藻・カビ
  • 雨どいの詰まり
上記の原因からも推測しやすいですが、家を守るための屋根の大きな役割として「防水機能」が挙げられます。
水がたまりやすい屋根の構造になっていると藻やカビが付きやすくなったり、直射日光による劣化が早まったりします。
以下は屋根ではなく外壁の例になるのですが、雨風による劣化を見てみましょう。
同じ建物で「軒先がある場合の外壁」と「軒先がない場合の外壁」の比較写真です。

軒先あり
軒先がある場合の外壁
軒先なし
軒先がない場合の外壁


劣化の度合いが大きく異なり、写真だけ見ると同じ建物に見えないくらいです。
ここでお伝えしたいことは「本体へのダメージを少なくするため」に保護や補修をきちんと行う必要があるということが重要ですというメッセージになります。

防水機能の低下=家の耐久性の低下となるくらい防水機能は重要です。
しかし、屋根の傷みを放置してしまった場合、様々な問題が起こります。
  • 建物本体の腐食
  • シロアリが好む環境
  • カビによる健康被害
  • ストレス
防水機能が低下し、建物本体内部に水が浸入することで腐食が進みます。こうした多湿の場所は「シロアリ」が好む環境でもあります。
これらを放置すると家の倒壊といった大きな被害が発生する可能性があります。
また、同時にカビ等が発生し、居住する人の健康に悪影響を与えます。
このように防水機能が低下すると、建物本体が弱り、生活上のトラブルが多く生じることにつながります。


さらに、もし屋根や外壁にアスベスト(石綿)を使用していたら、倒壊時に飛散し、近隣住民が吸入し、「肺線維症」や「悪性中皮腫」等の原因となり、肺がんを起こす可能性が高まるなど社会問題に発展してしまう可能性があります。


屋根の工事ってどんな工事?

スレート屋根塗装工事
瓦以外のトタン屋根/スレート屋根に適してます。表面の汚れを高圧洗浄にて落とし、塗装膜を塗装し屋根を復元する工事です。防水機能も向上するため、カビやコケを抑制し、見栄えが新築時の屋根のように良くなります。
fukikae
劣化の度合いが表面だけでなく、内部の材に達している場合、屋根の下地部分まで劣化させる、木材を腐らせてしまい、強風で飛ばされたりする危険性がでてきます。その場合は、屋根を1度はがして、新しいものと交換する工事が効果的です。ただし、工事や処分費用が多くかかってしまいます。 ※葺くとは屋根を覆うという意味で用いられています。
cover
劣化の度合いが表面だけで済む場合、既設屋根(トタン屋根・スレート屋根)の上に下地を新設し既設屋根の上に新しい屋根材を葺く工事です(カバー工法)。取り換え等に比べて費用を抑えることができます。


工事はこんな流れで進みます。

image1
既設瓦屋根。風の強い時や台風時期等雨が差し込んで取り換えを考えているとのことで着工しました。
image22
既設瓦屋根本体を撤去する前に棟を撤去します。
image23
既設屋根屋根本体を撤去します。
image24
瓦本体を固定してある桟木を外します。
image25
新設野地板を張り上げます。
image26
防水シートルーフィングを貼ります。
image7
新設野地板を張り上げます。
image8
防水シートルーフィングを貼ります。
image9
新設屋根横暖ルーフ専用役物を取付をします。
image10
本体を軒先より順番に貼っていきます。
image11
棟包みを止めて完工です。
image12
こちらも完工の写真になります。


屋根の工事やリフォームはとても重要!!

hiyouimage
適切な時期にメンテナンスを行った場合を基準に考えると、遅れて状態が悪くなるにつれて予算が大幅にかかります。特に雨漏りを放置しておくことは厳禁です。家の中で最も風雨にさらされる場所であり、痛みやすいので大切な命と生活を守ってくれてる家の屋根、適切な時期がいつなのかをきちんとチェックしてメンテナンスされてください。


築年数ごとのよくある提案プラン

IMG_0729
  • トタン屋根の場合
    • 洗浄
    • 錆止め
    • 塗装工事
  • スレート屋根の場合
    • 洗浄
    • 塗装工事
  • 瓦屋根の場合
    • 点検若しくは瓦止め施工
kawara
  • トタン屋根の場合
    • 葺き替え若しくはカバー工事(重ね葺き工事)
    • 釘の浮き等の点検をして止めなおしたのち塗装する
    • 塗装工事
  • スレート屋根の場合
    • カバー工事(重ね葺き) 
    • 洗浄
    • 割れている箇所の補修
    • 塗装工事
  • 瓦屋根の場合
    • 葺き替え(取り換え)若しくは瓦止めの工事
sreto
  • トタン屋根の場合
    • 葺き替え若しくはカバー工事
  • スレート屋根の場合
    • 葺き替え若しくはカバー工事(重ね葺き)  
  • 瓦屋根の場合
    • 葺き替え(取り換え)若しくは瓦止めの工事


費用の相場やかかる金額について

大きさ、かたち、補修範囲が費用の計算根拠となります。 つまり、下見調査なしで金額を出すことはしません。 形と値段がハッキリしている商品を売るだけではなく、「設置・取り付けること」が必要になります。 1軒、1軒、築年数や工法が異なるなど、下見をさせて頂かないとわからない部分があるため 下見調査なしではトータルの金額を出すことはできません。 お電話のみの回答や概算も控えさせて頂いてます。 お客様のご都合に合わせて下見調査等の日程を調整させて頂きます。 詳しくはお問合せフォームか電話「0120-34-2311」までお問合せ下さい。


よくあるQandA

職人さんや業者さんの稼働時間は朝8時から夕方6時(季節による)ぐらいです。 実際にお客様のところに伺うのは、8時20分か30分くらいが朝の目安になります。 お客様のご都合により時間は調整致しますので、ご相談下さい。
工事にかかる日数は、状況によって違ってくる為、一概には言えません。 工程が複雑で職種が多いと長くかかります。 また、解体してみて問題が見つかることもあり、補修などの為に予定よりも工期がかかることもあります。


専門業者に依頼する際の流れ

  1. ご相談
  2. 現地調査
  3. ラフプラン&お見積り
  4. お打合せ
  5. 最終プランとお見積り
  6. ご契約
  7. 施工
  8. アフターフォロー


お問合せ

有限会社 協立GROUP

  • 〒231-0825 神奈川県横浜市中区本牧間門33-17
  • 電話: 0120-34-2311(フリーダイヤル)
  • FAX: 045-628-1735

メールはこちらから

ご希望の連絡方法(必須)

お問い合わせ内容(必須)

captcha